蓄電池は儲かるか考えてみる

蓄電池は儲かるか考えてみる
新築一戸建てを立てるにあたって、できるだけお金を使わないで、尚且つ収益もあげていき、住宅ローンをゼロにしてみる試みのため日々精進しております。

今日は蓄電池の導入について考えてみたいと思います。

電力会社から買う電気料金はオール電化の場合、「電化でナイト」契約で

ナイトタイム⇒10.29円
リビングタイム⇒22.81円
デイタイム⇒30.35円(夏場は36.1円)
[adsense]

ナイトタイム10.29円で充電した電気をデイタイムで使用します。
検討中の蓄電池はNECの7.8kwh/日ですがFULL充電はできず、6.62kwhほどしか充電できません。

6.62kwhをナイトタイムに充電すると一日分68.1円
デイタイムだと200.9円で
差額は132.8円

これは6.62kwhすべてをナイトタイムに充電し、デイタイムで使用した場合の差額です。
ので、単純に月間(30日)で3,984円もお得ということになります。

じゃ実際、デイタイムの使用電力はどのくらい?と思い、業者さんに聞いてみました。

業者さん曰く、電気代って本当に各家庭でバラバラなんだそうですが、

新築ニューファミリー4人の場合、幅はすごーくありますが、大体一ヶ月の使用量が300kwh~400kwhということです。

このうち150kwh程度がエコキュートがナイトタイムに使用する分だそうです。

じゃ、残りの150kwh~250kwh(5kwh~8.3kwh/日)が月間のデイタイムとリビングタイムで使用している電気量ということになります。

30日で割ると5kwh~8.3kwh/日ということになります。

6.62kwhでなんとか足りるかな?、足りないかな?というとこです。

また、リビングタイムとデイタイムで使用する電力量の比率でも変わりますが、

おそらく、ニューファミリー4人だと、デイタイムはほとんど電気を使用せず。リビングタイムに使用比率が偏っていると思われますので、

実際は
ナイトタイム⇒10.29円
リビングタイム⇒22.81円

の差額におさまるのでは?
6.62kwhをナイトタイムに充電すると一日分68.1円
リビングタイムだと150.0円で
差額は82.9円

月間(30日)で2,487円のお得ということになります。

年間でも約30,000円の浮きにしかなりません。
こうなると、いくら補助金があったとしても蓄電池機器代をぺーするにはかなりの年月を要します。

我が家は太陽光発電は設置しますが、全量買取の契約ですので、太陽光で発電した分を蓄電池にためるのではないので、こういう計算になります。

そうなると、蓄電池は収益を稼ぐというよりも、災害時の予備電気を太陽光発電で自給自足するために導入するというほうが本来の正当な目的かもしれませんね。

補助金がでると聞いて、「お!」とおもいましたが、今回は導入お預けになると思います。

次回は気になるエネファームについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク