奇跡の上棟!後編

梅雨時期の上棟式
[adsense]

そして、立方(上棟)がスタートしました。

総勢7名の大工さんとクレーン屋さん2名と監督さんと助手。

鯛の尾頭付き赤飯二重上棟弁当なり。

本日上棟と決心したからには、二階建て屋根の合版と防水シートまで何が何でもいかなければいけません。

しかし、雨雲予報図は15:00くらいからこの辺に雨雲が現れ、それ以降は雨雲だらけの予想。

なんとしても15:00までには方をつけないとせっかくの木材が濡れてしまいます。

監督さん曰く、「うちの木材は通常より乾燥させてあるので、少々の雨なら問題なし」なのですが、

濡れないにこしたことはない!

なんとか雨が降り出す前に。
大工さん七名で立て方
大工さんもクレーンも8:00にはスタンバイ完了!

しかし、ここで思わぬハプニング!資材(材木)がまだ、来ない!

工場でプレカットされてくるので、現場ではいきなり組み始められるのですが、トラックがまだ到着してない。

資材待ちで全員待機。

ようやく9:00頃資材到着。

大工さん慌ただしく、作業開始です。

でっかいハンマーでクレーンで吊り上げた梁を微調整しながらたたき込んでいきます。

さすが、ベテランの大工さんチームです。作業が早い。

会社をサボって10:00頃には現場に戻った私でしたが、画像のように既に一階部分は組み立て完了。

なんとか天気も大丈夫。

昼休みをとられる頃には二階部分も大方終了。

しかし、霧雨みたいなのがチラチラーと。

このまま降り始めてしまうのか?と再度、仏壇に拝む。

するとどうでしょう。

霧雨はおさまり、なんとか曇り。

そして、タイムリミットの15:00には天井部分に到達。

スマホでもYahoo天気予報でも既にこのあたりは雨ですが、これ以降18:00くらいまで雨は降りませんでした。
上棟終了完璧な養生
そして、ご覧のように天井(天井は普通防水シートのみでブルーシートはしないそうです)も一階、二階四方全てブルーシートで養生完了。

もう、雨が降っても大丈夫。

建築関係の伯父さんに聞いたら「こんなバッチリ養生されてる家なかなかないよ」とのこと。

口うるさい施主の気持ちをくんでバッチリやってくれました。

大工さん、皆さんありがとう!!!!!!!

※近くで同じく上棟まで済んでる新築がありましたが、天井の防水シートまでされていて、四方は養生なしで、雨が横から降り込んでいました。
これが、結構普通らしいです。

そして、最後に監督さんから褒められました。

「本日の決心はご英断でした」と

スポンサーリンク